Mitsuki Ciołka 2022/08/13

《映画鑑賞花》

映画を観て湧き上がったイメージを、花束やアレンジメント、インスタレーション等として花で表現
毎週土曜日更新

Film.14 "ブラック・スワン"
原題: Black Swan
2010年 USA

バレエに全てを捧げる主人公のニナ。
『白鳥の湖』の主人公に抜擢される。
優等生の彼女にとって可憐で上品な白鳥を演じる事は問題なかったが、妖艶で奔放な黒鳥を表現することが出来ず、プレッシャーから徐々に精神のバランスが崩壊していく…。

"体感する映画"。
ラストに向かっての畳み掛けるような展開に、鳥肌と涙が止まりませんでした。

"人の感情を動かすほどの表現をする"っていうのは、並の事ではないから、衝撃的なラストではあったけれど、あれだけの表現をやりきったニナは本望だっただろうなと、ハッピーエンドだと感じました。

私もいつか、自分で納得のいく表現を出来るようになりたくて、この企画を続けています。

今回の制作では、主人公のニナの中にある、白鳥と黒鳥、2つの要素をカラーのシングルブーケで表現しました。

I expressed "Black Swan" at this Bouquet.

I was so impressed that I had goose bumps. and also I couldn't stop my tears at end of the movie.

Nina achieved her amazing expression.
applaud.

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

関連する写真