2018/07/31

ネイチャー・ミュージアム 世界で一番美しい クジラ&イルカ図鑑



クジラ撮影の日本の第一人者、水中カメラマン水口博也の美しく幻想的かつ、ダイナミズム溢れるクジラ・イルカの写真が130点近く堪能できます。
水口氏の写真は、種数の多さだけでなく、アート性も高く、見る者を圧倒させます。
単なるビジュアルに止まらず、最新のクジラ・イルカ情報も掲載し、それぞれの生態をも理解できる1冊です。
ダイナミックなクジラ(イルカ)の写真はもちろん、幻想的かつ美しい背景にたたずむクジラ(イルカ)の写真を網羅。




流氷がそびえる北極の海で遊泳。 厳冬を耐える大群。 透き通る海を泳ぐ。崖からのダイビング。 などなど。その他、種解説、生息地、生態の秘密なども掲載。

ザトウクジラ、ヒゲクジラ、コククジラ、シロナガスクジラ、ナガスクジラ、イワシクジラ、ニタリクジラ、ミンククジラ、クロミンククジラ、セミクジラ、ホッキョククジラ、マッコウクジラ、イッカク、ベルーガ他。





ぜひ美しい世界感を堪能してください。

【目次】 Encounter p.10 Majesty of the Deep p.16 Reflection p.24 Splash p.30 Icy World p.38 Living in the Forest p.48 Tales of Tails p.58 Chasing Fish p.66 Living by Teeth p.78 The Biggest Gulp p.86 Rings & Spirals p.102 Whiter than White p.110 With Companion p.118 Blue Water Cradle p.126 Magic Hour p.136 写真解説 p.150 あとがき p.158

【著者プロフィール】 水口 博也(みなくち・ひろや) 1953年大阪生まれ。京都大学理学部動物学科卒業後、出版社にて自然科学系の書籍の編集に従事。1984年フリーランスとして独立。以来、世界中の海をフィールドに、動物や自然を取材して数々の写真集を発表。1991年『オルカ アゲイン』で講談社出版文化賞写真賞受賞。近年は地球環境全体を視野に入れ、熱帯降雨林から南極 、北極での取材も多い。主な著書に『クジラ&イルカ生態ビジュアル図鑑』『シャチ生態ビジュアル百科』 、『イルカ生態ビジュアル百科』(誠文堂新光社)など多数。




ネイチャー・ミュージアム 世界で一番美しい クジラ&イルカ図鑑
絶景・秘境に息づく

著者名: 水口 博也
ISBN: 978-4-416-51866-3
判型: AB
ページ数: 160
 

金額 ¥2,592(税込)

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。